射出成形Injection molding

寸法精度も高く大量生産が可能な射出成形

射出成形は、株式会社光産業が
メインとして行っている事業です

過熱溶融したプラスチック材料に圧力をかけて金型に押込み、冷却固化させた後に成形品を取出す製造方法です。
プラスチック成形の中で、最もポピュラーな技術で、寸法精度も高く大量生産が可能です。
>技術紹介はこちら

射出成形の例

加工用機械

 

シルク印刷 前・後
溶着 前・後
未完成・完成

写真の製品は液面計といわれる部品です。
中央の流路には液体が通るため、完全防水が求められており、超音波溶着にて完全密閉します。
また、液面を確認しやすくするために背面には2色のシルク印刷をかけております。

本体材質も透明ナイロンという特殊な樹脂であるため、汎用樹脂とは違ったノウハウが求められます。